アメリカのディズニーランドでも自撮り棒は禁止!レベルが違う理由にビックリ!

マルです☆

日本のディズニーでは「自撮り棒(セルカ棒)禁止」というのはすっかり定着した様な感じがありますが、アメリカや海外のディズニーはどうなのでしょうか?なんとく「自由」なイメージがあって、自撮り棒の禁止をしていない様な気がしているのですが・・・。

実はアメリカのディズニーランドでも自撮り棒は全面禁止です。しかもその理由がビックリするようなものでした。やっぱりアメリカはスケールが違います!笑

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

アメリカのディズニーでも自撮り棒(セルカ棒)は禁止!っていうか全世界禁止!

スクリーンショット 2016-03-11 19.50.08

アメリカのディズニーランド(フロリダ・カルフォルニア)でも自撮り棒は禁止です。2015円5月くらいから禁止になったそうなのですが、日本はそれに先駆けて2015年初頭には自撮り棒を禁止しています。

実はそれだけでなく、自撮り棒は香港、パリのディズニーランドでも禁止。つまり全世界のディズニーランド共通で自撮り棒は禁止なのです。

アメリカのディズニーで自撮り棒(セルカ棒)が禁止な理由!日本とはレベルが違った?!

日本のディズニーで自撮り棒が禁止な理由は、平たく言えば「周りのゲストに危険があるから」という事です。加えて、自撮りをしている本人が足下をおろそかにしてコケるという可能性もありますね。

ですがアメリカのディズニーランドの禁止理由はレベルが違います。なんとアメリカのディズニーランドの禁止理由は「ジェットコースターで使われてしまうから」というもの。

日本で言えばビッグサンダーマウンテンで自撮り棒を使う様なものでしょうか。周りの骨組みにぶつかって吹き飛んだらとんでもない事になってしまいますね。後ろの人にぶつかったらゴメンナサイでは済まないレベル。アトラクションもしばらく動かせません。

そんなこんなで全世界のディズニー共通で自撮り棒の使用は禁止となったのでした。多分、これからオープンになる上海ディズニーランドでも禁止になるでしょうね。

スポンサーリンク