ディズニーセレブレーションホテルはどんな体験をゲストに提供してくれるのか?

こんにちは、マルです☆

既存のディズニー3ホテルとは異なるコンセプトを持つ事でも話題の、ディズニーセレブレーションホテル。どんな体験をゲストに提供してくれるホテルとなるのでしょうか?

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

ディズニーセレブレーションホテルは「安い」

4つ目のディズニーホテル、ディズニーセレブレーションホテルの重要なコンセプトの1つは「安さ」です。朝日新聞の報道によれば「1室4名で2万円を想定」とあるので、となると既存のディズニーホテルの半分の価格となります。

公式に発表されたコンセプトには、以下の気になる文言があります。

  • 宿泊特化型施設
  • サービスの一部を簡易なスタイルに
  • より手軽なリゾートステイ

これらから考えるに、確定的なのは「安さ」です。

安さの弊害

安いとどうなるのか?もちろんサービスにかけられる資金が少なくなります。公式にある様に、「サービスの一部を簡易なスタイル」という事になります。

これはとても難しい部分だと思います。うまくいけば「安くて嬉しい」と感じる人もいるでしょうが、それが「サービスの低下」という評価に繋がっては元も子もないのです。

ディズニーホテルに泊まるゲストに「安いから仕方ない」は通用しない

安いホテルに泊まると、「安いが上のせつなさ」みたいなものは付きものです。例えば風呂が狭いとか、客室が狭いとか、食事がまずいとかです。

マルが旅行でディズニーに行くときには、安いホテルを使った事ももちろんあります。その時はその「せつなさ」みたいなものは少しあった気もしますが、でも「ディズニーに近くて、泊まれたら十分!」という気持ちが強かったです。

  • 「泊まれたら十分」
  • 「泊まるだけ」
  • 「こことディズニーは別物」

という気持ちが働くのです。疲れて寝るだけじゃん、という割り切った気持ちです。

しかしディズニーホテル、という事になると話は別です。宿泊者の期待は高いです。それなりの感動体験をゲストに提供する必要があります。

少なくとも「どこかが素晴らしい」必要があるのです。そのすばらしさで、他をカバーする感じです。例えばパークのフードはそこまで美味しい訳ではありませんが、あれは周りの世界観のすばらしさでカバーされています。フードは可もなく不可もなく、というのは運営側の計算としてもあると何かで読んだ事があります。

恐らくですが、今の情報から考えるに、ディズニーセレブレーションホテルが提供する「すばらしさ」は「デザイン」などだと思います。目に入ってくるディズニーの世界観が素晴らしいものになるのでしょう。そうすれば、その他のサービスが簡易でも、ある程度のカバーが効くだろうと思います。

名前がなぜセレブレーションなのか?

ちょっと気になるのが、「サービスを簡易」というコンセプトと、「セレブレーションホテル」という名前の乖離です。この二つは正反対なものを意味している様な気がするからです。

・・・と思ったのですが、調べてみたら「セレブレーション」は「祝い事」という意味らしいです。「セレブ」「豪華」「金持ち」なんて連想してたマルがアホだった様です(^^;)

ワーイ\(^O^)/

って感じですかね。だったら分かります。ディズニーに行くのは楽しいし、ディズニーホテルに泊まるのはテンション上がりますからね。

マルもワーイしたいです。セレブレーションホテルが出来る場所はかなり贅沢な開放感のある広い場所です。あそこにディズニーホテルが出来ると思うとちょっと興奮です。期待しております☆

スポンサーリンク