【朗報】ディズニーがついに開園ダッシュの本格規制に動き出した!?もしかしたら年パス購入禁止もあるかも??の噂

こんにちは、マルです。

マルはたまにTwitterでディズニーの情報収集をしているのですが、最近になって開園ダッシュについて動きがあった様です。

なんでも、運営が開幕ダッシュの規制に本格的に動き始めたらしい・・・。

朗報や!!(゚∀゚)!!

という事で、現在流れている開園ダッシュの規制情報に関してまとめてみました。

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

開園ダッシュの規制がついに厳しくなった!

最近言われている開幕ダッシュ規制の情報は以下の通りです。マルは実際に見ていませんが、その方の前後のつぶやきなどから「嘘の情報を流す愉快犯」とは思えません。

ですがその方の「思い違い」である可能性も含めて読んで頂ければと思います。「目撃情報」ですので、その光景における実際のやりとりがどういう意味を持つかは、含みも込めて「分からない」というしかありませんからね。

まあカンタンに言うとぜんぶです。いまのところ。

例1 開園ダッシュをしたら年パスの番号を控えられた

開幕ダッシュをした人がキャストさんに呼び止められて、年間パスポートの番号を控えられた、という目撃情報があります。

この事は様々な憶測を呼んでいます。

ディズニーの年間パスポートを作成するには公的な身分証明書を提示する必要があり、写真撮影もある為、完全に個人情報はバレバレです。

そして年パスには個人に対応した番号が印字されている為、その数字を控える事で「開幕ダッシュをした個人」を完全に特定する事が出来ます。

なぜディズニーが年パスの番号を控えるのか?なのですが、その事により個人情報を把握し、複数回の警告を受けた場合には「年間パスポートの作成禁止」の処分をするのではないか、と噂されています。

ディズニーがそこまでの処分をするのか分かりませんが、やろうと思えば出来るは事実でしょう。

そこまでの処分を下さないにしても、なんらかのデメリットを違反者に対して伝えている可能性があります。

年パスの番号を控えられた違反者は、なんらかの書類を渡されていた、という情報もあります。それが警告文であり、イエローカードとなるものなのでしょうか。「開幕ダッシュはしません」等のサインをさせられる宣誓書である可能性もありますね。

例2 キャストの「走らないでね」看板の他にビデオ撮影も行われている

一部の目撃情報に、開幕ダッシュをする人をビデオ撮影している、というものがあります。

マルはキャストさんが甲斐甲斐しく持っている「走らないでね」の看板(その横をダッシュで駆け抜けていく人がいる・・・)の存在は知っていましたが、ビデオ撮影に関しては知りませんでした。

これが事実であれば、開幕ダッシュをした人にキャストさんが声をかけた時に「証拠」を残す為ではないかなと思います。言い逃れが出来ない様にする為です。

そしてこれも多分ですが、ある程度の目星をつけてビデオ撮影をしているのではないでしょうか?

ディズニーには熱狂的なファンがたくさんいます。そして悲しい事にその中に開幕ダッシュをする人も一定するいるでしょう。

そういった常習性の高いゲストに目星を付けて、開幕ダッシュの証拠を残すためにビデオ撮影をしているのだと思います。

ある程度性能の高いカメラであれば、撮影時に一人の顔にズームすることなく、後からクローズアップして個人を特定する事も可能でしょうね。

「これはあなたですね」

と言われれば言い逃れは出来ません。

「他の人も走ってる・・・!」

と苦しい言い逃れをするくらいでしょう。

まるで警察24時の速度違反の取り締まりです。

例3 開園ダッシュをした人がキャストによってどこかへ連れて行かれた

開幕ダッシュをした人がどこかへ連れて行かれた・・・という情報もあります。

まるでよくある「ディズニーの都市伝説」です。

これは「年パスではなく当日パス所持者だった」か「年パス所持者への処罰もとりあえず場所を変えて行う事にした」という可能性が考えられると思います。

ここまでの噂で気になってくるのが、「当日パス所持者」に対する処分なんです。

年パス所持者なら処分がしやすいとは思うのですが、当日パス所持者には何もおとがめなし、では意味がありません。

ですので、当日パス所持者に対するペナルティもなんらか考えられていると思われます。たまに来る人からすれば、開園ダッシュの末に事務所に連れて行かれて時間を拘束されるとしたら、それも十分なペナルティになるかも知れないですが・・・。

関係のないゲストが不快に思うような出来事も・・・?

この様な目撃情報もありました。

開園ダッシュをしている人達に向かって、オリエンタルランド側の人間(と思われる人間)が「走るな!!」と大声で叫んだと言うのです。(不確実な情報なので、ゲストが叫んだ可能性もある、という事をご了承下さい)

目撃した方の話に間違いがなければ、かなりの異常事態がディズニーで起こっていたことになります。

楽しいはずのディズニーで叫ぶような怒声が聞こえてきたのでは、その後楽しむ気持ちも沈んでしまいます。気分は決して良くないですよね。

ここからはマルの勝手な想像です。

この「走るな!」騒動は2015年の5月の事だったそうです。そして今回開幕ダッシュに関しての規制情報が流れ始めたのは今月、2015年の7月でした。

もしかしたら、「走るな」と叫んだのは対策がうまくいかない事にイライラしてしまったオリエンタルランド側の方で、その後2ヶ月を経てついに規制強化に乗り出した、という可能性があります。ゲストの良心に任せてはいたが・・・・という怒りがあったのかも知れません。

もちろん、最初に言ったことの念押しになりますが、オリエンタルランド側の人間ではなくゲストが「走るな!」と叫んだ可能性もあります。

この事が事実であれば、ディズニーは現状を変える為の移行期にあると思います。その為に少しの混乱状態にあるのかも知れません。

とにかく開幕ダッシュをする違反者を取り締まる事が、その事によって出てくるある程度のデメリットよりも優先されているのだと思います。

どうやらその成果は現れ始めている様に感じるので、少しの期間を経れば、開幕ダッシュはなくなる様に思います。少なくともかなり減る事になるでしょう。

開幕ダッシュはもはやモラル的な問題だけでなく実際の不利益を、やった当人にもたらします。

この情報がただの噂だったとしても、開幕ダッシュは絶対にしないようにしましょうね。

(次にディズニーに言ったとき、キャストさんに色々と聞いてみたいと思います☆)

スポンサーリンク