ショック!ディズニーで目撃した開園ダッシュの現状がひどすぎる!

こんにちは〜マルです。

今日は久々に早くから入園待ちをしてディズニーランドに行ってきました。

朝の6時くらいから並んだのですが、それでもやっぱりマルより前に来ているツワモノはたくさんいましたね〜。

一番になれた事がない!笑

今日の目当ては「おんどこどん」と「雅涼群舞」です。二つとも抽選のあるショーですが、マルは立ち見のエリアに陣取るつもりで来ました。

開園は8時30分ですが、8時になると柵の向こうにミッキーやミニーなど、たくさんのキャラクター達が顔を見せに来てくれます。

ここぞとばかりにみんな柵の前に陣取って、カメラをパシャリ。

黄色声援も聞こえてきます。さすがはミッキー!

そんなほのぼのな開園待ちですが、いざ開園をすると例のあの光景が待っています。

マルは最近ディズニーで開園ダッシュの規制が厳しくなったと書きましたが、今日はその現状を見てみたいな〜という気持ちもありました。

という訳で、いざ開園です。

まずは通常の開園より15分早く、ディズニーホテルの宿泊者が入園していきます。「ハッピー15エントリー」ってやつですね。ディズニーホテル宿泊者の特権です。

せっかく宿泊してくれたお客さんなので、もっと早くインさせてあげてもいいのに〜とかちょっと思ったりします。

いざ入園。果たして開園ダッシュの現状は・・・

パッと見た印象ですが、全力ダッシュしている人はあんまりいない様子!??

競歩に近い様な早歩きをしている人は大勢います。規制強化されるとやはり開幕競歩が展開される事になるのか?笑

ですがよーく見てみると、走ってる人はやっぱりいます。

ある人は走るのを止められて・・・歩きに変わり・・・キャストさんの後ろ側まで来たらやっぱり普通に走り出してます。結構楽しそうに笑ってますね。やっぱり悪い事っていう認識が薄いみたいです。

うーん、遠くから見てるとそれくらいしか分かりませんでしたが、全力ダッシュの人がいない?っぽい様に見えるので、マシになった方なのでしょうか?

そんなこんなで15分が経ち、いよいよ通常の入園時間である8時30分となりました。マルも入場です。

さていざ入園してみます。すると、あらあら。結構走る人がいますね。やっぱり。

マルもおんどこどんの為にいい場所をとってみたいのですが、今日は数分だけここで入場ゲート側を振り返ってみます。(邪魔にならないように・・・)

すると、走ってるのがすごくよく分かります。笑

これがキャストさんの見ている光景なんですね。結構怖いですよこれ。

マルは端の方に寄ってダッシュの様子を見ていました。

全力ダッシュをしている人が何人かいます。

大人も子供も関係なく走ってましたね。

中には、制止するキャストさんをアメフトばりの動きでジグザグに駆け抜けていく男性もいました。すごいですよ。カクカク身をかがめていたりします。モグラたたきのモグラ並みのフェイントまでしていました。

マジかよ・・・(^^;)

・・・と、マルは心の中で呟きました。ちょっといくらなんでもひどすぎです。

あ、もちろん走ってる人は一部の人です。ほとんどの人は歩くのに毛が生えた早歩きくらいです。

本当に一部ではありますが、こういう人達と対峙するキャストさんに同情します。今まであまり気にしたことがなかったのですが、気にしてみるとひどさがハッキリと分かります。

あまりにもひどい開園ダッシュの現状なのですが、次の記事ではそれに対峙するキャストさんの取り組みについて書いてみたいと思います。

ディズニーランドでキャストさんは開園ダッシュにどう対応しているのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク