ディズニーで自撮り棒は「伸ばさない」なら禁止じゃなくOK?

投稿日:2016年3月10日 更新日:

スポンサーリンク

マルです☆

東京ディズニーリゾートでは「自撮り棒の使用が禁止」というのは知っている人も多いかと思います。

ディズニーの公式サイトにも、以下の様にあります。

撮影の際、ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。

(引用・http://www.tokyodisneyresort.jp

ですがディズニーを訪れた方の中には、「自撮り棒を使っているゲストを見かけた」という方も多いのではないでしょうか?

自撮り棒を使っているゲストは、キャストさんに注意されている場合もあれば、注意されていない場合もあります。

キャストさんは明らかに自撮り棒に気付いているハズなのに、なぜか注意をされていない・・・。

なぜ注意されないのか?

その理由は、以下の2つの理由だと思います。

  1. キャストさんが気付いていない
  2. 自撮り棒の使い方が「NG」な使い方でない

①に関しては当然あります。

自撮り棒を常に振り回して歩いているゲストなんてあまりいないですからね。だいたいの場合は写真を撮ってスッとしまいます。

ですが明らかにキャストさんの目の前で自撮り棒を使っているのに注意されていない人を、以前見かけた事があります。

そして先日、キャストさんに「使い方を注意」されているゲストさんを見かけました。

今回はそのお話です。

ディズニー公式には「自撮り棒」をハッキリ禁止しているので、持っていくのはやめましょう。

使い方によってはディズニーでも自撮り棒の使用はOK?

これはマルが見た・・ってだけなんですが、先日ランドにインした時に、いつもの様に自撮り棒を使っている人を見付けました(確か外国の方)。

キャストさんが目の前にいた為、自撮り棒について話しかけている様子でした。

遠かったので話し声は全く聞こえませんでしたが、キャストさんはゲストに向かって「縮めて、縮めて」というジェスチャーを低姿勢でしていました。

両手を使って、こう、

スクリーンショット 2016-03-10 16.15.46

まあなんというかこんな感じで「縮めてください」みたいな動作をしていました。

そしてゲストは頷き、自撮り棒を短く縮めました。

そしてそのまま、短くした自撮り棒で、再度撮影を始めました。

キャストさんは「協力ありがとう」という感じで会釈してその場を離れました。

 

え!?いいの?!短くしたら!

 

ってマルは驚きました。

確かに、自撮り棒を禁止にする理由は「伸ばした状態だと他のゲストに当たってしまうかも知れず危ないから」という事ですから、短くしたら問題ないものかも知れません。

最大限短くしたら、自分の腕の長さの半分くらいになりそうですからね。

 

なのでもしかしたら、ディズニーを歩いていて「あれ?あの人注意されていないな?」という人がいたら、それは「短く縮めているからOK」な人なのかも知れません。

 

ただし、最初にも書いた通り、ディズニーは公式に、パーク内での自撮り棒の使用を禁止しています。

撮影の際、ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。

(引用・tokyodisneyresort.jp

もしかしたら、「ハンディサイズのグリップアタッチメント」というところが、「縮めたサイズの自撮り棒はOK」という解釈に当たるのかも知れませんが・・・。

何にせよオススメは出来ません。他のゲストからの「禁止なのに・・」という目線を浴びる可能性もあります・・・笑

追記
ハンディサイズのグリップアタッチメントについて

世の中には「ハンドグリップ」なるものがあるそうです。

それが上のヘルプに書いてある「ハンディサイズのグリップアタッチメント」の事だと思います。

スクリーンショット 2016-08-28 16.15.34

例えばこんな感じの商品です。

これは自撮り棒とも一脚とも違うものですが、これに関してマルがインフォメーションに確認をとったところ、「使用OK」の返答を貰いました。

「伸縮はしないか?」「どの程度の大きさか?」などの質問をインフォメーションの方から貰い、その結果の答えとなりますから、OKになる為の条件はいくつかある、という事になります。

11,329view
ディズニーでビデオカメラのハンドグリップは使用可能?インフォーメーションに問い合わせてみました

ディズニーに行くと、たまに「ビデオカメラの底に持ち手を付けている人」を見かける事があります。ディズニーには「三脚・一脚は禁止」というルールがあり、これは広く知られている為に「あれ?あの人OKなの?」と ...

続きを見る

その時の事を上の記事にまとめていますので、よろしければご覧下さい。

ビデオカメラやカメラの底から何か伸びていたからと言って、それが即NGなものではないと言う事ですね。

「あの人違反してる!」と思いがちですが、それが間違ってる場合もあるということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-撮影OK・撮影禁止, 自撮り棒

Copyright© バンザイ!ディズニー! , 2018 All Rights Reserved.