開園ダッシュをなくす為の、キャストバリケード以外の対策を提案します

こんにちは、マルです☆

以前の記事で「開園ダッシュをなくす為のキャストバリケード」について書きました。そしていくつかの問題点についても書きました。まだまだ改善点のあるキャストバリケードですが、運営がこれからもっと効果的なものにしてくれるはずと期待しています。

ところで、開園ダッシュ対策の為に、キャストバリケード以外の方法はないのでしょうか?今回はマルなりにちょっと考えてみました。妄想の記事なので実現可能性とかほぼ無視なのをご了承下さい。

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

キャストバリケードの問題点

現在のキャストバリケードについて分かっている問題点は以下の通りです。

  • キャストバリケードまでの開園ダッシュは存在する
  • 人件費が多くかかる
  • 関係のないゲストに威圧感を与える可能性がある
  • すべての通路をカバーする事が難しい

以上の問題点をクリアする為にはどんな方法があるのか・・・。ちょっと考えてみました。

キャストバリケードに変わる「看板キャスト」のゲストコントロール

開園ダッシュをするゲストの目的は「ファストパス」や「場所取り」です。その為に一部のゲストはルールを無視して走ります。キャストバリケードはその対策として生まれましたが、カンペキではありません。

というわけで考えたのが入園直後のゲストコントロールです。開園ダッシュするゲストの「目当て」はある程度分かりますから、そのゲストの目的を入園ゲートのすぐそばで達成させる事が理想です。

つまりどういう事かと言うと、入園直後のエントランスに何人かのキャストに立ってもらいます。そのキャストはそれぞれ看板を持っています。「雅涼群舞」や「トイ・ストーリー・マニア」と書かれた看板です。

ゲストはそれぞれ目的に合った看板を持ったキャストさんの前に整列します。そして時間が来ると、そのキャストさんに先導されて目的地に向かいます。すると目的地では、ロープを張ったキャストさんが待っています。整列しキャストさんに先導されたゲストは、順番にそのロープの中に入って行きます。キャストさんの張ったロープの中には、開園ダッシュでは入る事は出来ません。看板を持ったキャストさんに先導されたゲストのみが入る事が出来ます。

これをまとめると

  1. 入園する
  2. 入園直後のエントランスにいる「目的地の看板を持ったキャストさん」の前に並ぶ
  3. キャストさんに先導されて目的地に向かう
  4. 目的地では別のキャストさんがロープを張って場所取りをしていて、他のゲストが入れない様にしている。
  5. 看板を持ったキャストさんに先導されたゲストのみがロープの中に入る事が出来る

という事になります。

看板を持ったキャストさんの前に行くまでにダッシュがあると思いますが、それも入園前アナウンスできっちり警告する事である程度防げると思います。もちろん警告を破った場合のペナルティはきちんと科す必要がありますが・・・。

という妄想の記事でした。以外に悪くないような気もするですが、どうでしょうか?

開園ダッシュをなくす為に有効な「一言」

スポンサーリンク