ディズニーでの熱中症対策にオススメなグッズはコレ!

こんにちは、マルです☆

最近すっかり暑くなって、ディズニーに行ってもかなり体力を消耗します。マルは基本的にはディズニーに行くときは「軽装」を心がけています。荷物が多いとパークを歩き回る時に大変だからです。

ですが、そんな大変な思いをしてまでも、夏のディズニーには持って行きたいものがあります。本当に暑いですから「熱中症対策」が必要になるのです。

今回は夏のディズニーにおける熱中症対策についたお伝えします☆

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

夏のディズニーでは熱中症に注意!

今年の夏の浦安も本当に暑いです。マルは浦安に住んでいるのですが、毎日が猛暑です。寝室にエアコンがない極貧なので扇風機で寝ていますが、暑すぎて寝付けない事すらあります。

ディズニーの夏は、かなり過酷です。本当に暑くて、中には倒れて救護室に運ばれたり、救急車で運ばれる人もいるそうです。ディズニーではそこら中にキャストさんがいてくれて目を光らせてくれていますから、倒れてもすぐに対処はしてくれますが、それでも心配な事に変わりはありません。

アスファルトの照り返しがかなり強く、また人混みの中なので、どうしても通常以上の「熱気」がディズニーにはあるのです。これで何も対策なしと言うのでは、ちょっと無謀かも知れません。マルは、夏のディズニーに行くときは以下の様な装備品を持って行ってます☆

夏のディズニーに持って行きたいもの○選!

1.水筒

ディズニーには飲食物の持ち込みに制限があります。基本的には「全部ダメ」とも解釈できるのですが、黙認されているものが数多くあります。

ディズニーでの持ち込みOK?NG?について詳しく!

そんなグレーの持ち込み物の中に、「水筒」や「ペットボトル」の飲料があります。これは公式にはOKされていませんが、NGともなっていません。以前キャストさんに確認したのですが、ハッキリとした答えは貰えなかったものの、ダメとも言えないという答えでした。

飲食物の持ち込みについてキャストさんに聞いてみた

マルの感想ですが、ディズニーは水分の持ち込みに関しては「推奨」とは言わないまでも「黙認」している状態です。水分が不足した熱中症で倒れられるよりは絶対にいいですよね。

という訳で、夏のディズニーには必ず水分を持って行く様にした方がいいかと思います。マルは冷たいお茶の入った水筒を持参しています。

2.帽子

帽子は必須です。直射日光を頭に浴び続けると、ジリジリと体力が奪われます。日傘という選択肢もありますが、周囲の迷惑を考えると使える場面が限られるし、身軽な行動が出来なくなるのでマルは持って行った事がありません。

3.長袖の何か

これも直射日光を防ぐためです。特に女性で日焼けをしたくない方は、日焼け止めだけでは足りないはずです。半袖で腕を露出しているよりも、薄手のパーカーでも羽織っていた方が、実は暑さを感じなかったりします。

4.レジャーシート

これはショーやパレードの場所取りをする人には必須です。夏の地面はかなり暑くなっています。例えば裸足だったらやけどするくらいに暑いです。そんなところに座ると、かなり大変な思いをする事になります。

ショーやパレード待ちの時、早い時間からレジャーシートを広げる事はNG(キャストさんから注意されます)ですが、お尻の大きさくらいに畳んで使うのはOKです。

もしもレジャーシートを持って行かなかった場合は、ちょっと気が引けますが、ディズニーで配布されているパンフレット「TODAY」で代用する事も可能です。笑

5.タオル

タオルは汗を拭く目的の他に、「頭や首を守る」という役割もあります。マルの場合は、夏のディズニーでは、ずっとタオルは首に巻いています。格好なんて気にしてはいられません。笑

6.扇子

扇子で扇ぐと生ぬるい風が出ます。ですがないよりはマシです。冷却スプレー?の様なものを吹きかけている人もいますが、あれは使った事がないので効果は分かりません。

7.替えのTシャツ

マルは汗っかきなので替えのTシャツは、一応持ってきます。実際に使う事はなずないのですが、あるとないでは安心感が違います。濡れる夏イベであれば、Tシャツだけでなくて下の替えも必須ですね。

スポンサーリンク