クラブ33は値段に見合ったドレスコード付き!短パンサンダルじゃ入れないぞ!

こんにちは、マルです。

ディズニーに行くときはもっぱらクロックスのマルなんですが、憧れのクラブ33はクロックスだと入店できない、という事が判明しました。なんと、クラブ33はディズニー内にあるにも関わらずドレスコードがあるのです。

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

クラブ33は価格に見合ったドレスコード付き

「ディズニーでドレスコードなんてある分けないでしょ。その後遊べないじゃん・・・・」と思ってマルですが、なんということでしょう。クラブ33にはドレスコードがありました。

最初はビックリしたのですが、今ではそれも納得出来ます。(後述します)

クラブ33の料金は1人6000円から、とディズニー屈指のハイプライスです。ホテルを除けば、対抗できるのはディズニーシーのマゼランズだけ。マゼランズだって確か一番高いコースで1人6000円だったと思います。という事は完全にクラブ33の方が格上・・・・。

クラブ33の招待状によると

それでは具体的なクラブ33のドレスコードについて見てみましょう。

マルが招待状を貰ったわけではないのですが(泣)、クラブ33の招待状には、ドレスコードについて以下の様に書かれている様です。

ドレスコード(スマートカジュアル)
男性:襟付きシャツ、長ズボン、靴の着用
女性:適度な肌の露出のない服装
小人:なし
※ビーチサンダル、ラフなジーンズやショートパンツはご遠慮ください。

ドレスコードの分類としては「スマートカジュアル」が指定。ぴっちりしたスーツでなくてもいいけど、崩しすぎもダメだよという事でしょうか。

例として、男性であればポロシャツとチノパンくらいならOKみたいです。長ズボンであればジーパンもOKとのこと。ただし色落ちし過ぎていたり、穴の開いているものはNGな様子。

実際に行ってみて入店を拒否されたり、「大丈夫かな?」とドギマギするのもつらいので、「これは絶対大丈夫」と思える様な勝負服で行くのもいいかもですね。

マルの常用しているクロックスでは絶対に入店出来ません。もしも入店する事があれば、カチッとしたスーツで行きます。笑

と、以上の様にクラブ33にはドレスコードが存在します。これは都市伝説でもなんでもないです。ではなぜクラブ33にはドレスコードがあるのか?以下の記事ではそのあたりを掘っていきます。

ちなみに、クラブ33にドレスコードが出来たのは、今年、2015年の4月からなんですよ。

クラブ33にドレスコードがある理由

スポンサーリンク