ディズニー用カメラで一眼レフを買うときにアドバイス無視して後悔した事

こんにちは、マルです☆

今マルは二年越しに後悔していますよ。今持っている一眼レフを買ったのが二年前なのですが、その時(ネットでですが)もらった(閲覧しただけですが)助言を完全に無視してしまったのです。

その時は満足でした。それどころか今の今まで満足してました。完全ではなくていくつかの不満もありますが、だいたい満足はしてました。あの時の貰ったアドバイス、それを無視した事を後悔する事はありませんでした。

ですが今は後悔しています。そのとき貰ったアドバイスが、まるで預言の様に当たっているのです。状況が笑うくらいに同じです。

マルは今新しい一眼レフが欲しいと思っています。長く使っているうちに、色々な欲求が出てきたからです。そして、その新しい一眼レフのメーカーは、現在の一眼レフとは違うメーカーなのです。

マルの後悔は・・・

カメラのメーカーを適当に選んだ

これに尽きます。一眼レフのメーカーを適当に選びました。適当というのは言い過ぎですが、一応考えて買いましたが、その先の事は考えていませんでした。

一眼レフを買うことは結婚みたいなものだ

というのは有名な言葉らしいです。マルが当時受け取ったアドバイスはこれでした。

一眼レフは「ボディ」と「レンズ」の組み合わせで成り立っていて、ボディにもレンズにもメーカーはあります。メーカーが違うボディとレンズは、組み合わせられないみたいです。

一眼レフはハマるほどレンズが増えて行くみたいです。そうなると、そのレンズは資産になります。でも同一メーカーでしか使えません。だからマルが何を後悔しているかと言うと、

一眼レフのメーカーを適当に選んだ

という事です。大事な事なのでもう一回言いました。マルは結婚相手を間違えてしまったんです。

マルが何を困っているかと言うと、今欲しい一眼レフのメーカーは今のメーカーとは違うって事なんです。今の一眼レフのメーカーのレンズは二本しかないので傷は浅いと言えば浅いのですが・・・。

知識のある人の意見は、ちゃんと聞いておけばよかったな〜と、ちょっと後悔しているマルなのでした。入門機だけでなく、上位機種にランクアップしたときの事も考えて購入を考えた方がいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク