ディズニー優先入場整理券はオークション禁止!偽物販売で逮捕された男も

マルです☆

最強のファストパスである「優先入場整理券」ですが、これは明確にオークションが禁止されています。売る事も買う事も問題があるので注意しましょう。

過去にはなんと逮捕者も出ていたりします・・。

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

ディズニー優先入場券はオークション禁止!

ディズニーで貰える事がある優先入場整理券には、以下の様に書かれています。

スクリーンショット 2016-03-17 11.55.28

有償、無償を問わず、他人への譲渡はできません。

つまり明確にオークションへの出品を禁止しています。

また「無償」でも譲渡は認められていません。これは恐らく「無償の様に見せかけてどこかで見返りを得る」様な巧妙なやりとりを禁止する意味もあると思います。例えば「タダで優先入場整理券をあげる」人と「タダでプライオリティーシーティングの権利をあげる」人が合わされば、それは実質、無償のやりとりとは言えない場合もあります。

ですがそういう巧妙なものを除いても、ホントにタダで譲渡するとしても禁止です。

相場は・・・

こういうレアなものはやっぱりオークションを探すと売られています。なんと今でも売られており、しかも入札が結構入っていました。

だいたい相場としては1枚5000円と言ったところでしょうか。

この優先入場整理券を買った場合ですが、それ相応のデメリットを覚悟する必要があります。

優先入場整理券を使う時に「どこのアトラクションで貰ったのか」などキャストさんに聞かれる場合があるそうです。そこで答えられてないとアウトかも知れません。優先入場整理券には通し番号が付けられているので、それによって恐らく「いつどこで配布したか?」が分かるのだと思います。

多分イチイチ確認しないとは思いますが、そういうリスクがある事を覚えておきましょう。つまり買った券を使えない可能性があるという事です。

最悪の場合退園を命じられてもおかしくないかも知れません。少なくともその優先入場整理券は使えないでしょう。「お金を出して買ったんですよ!」と訴えようものなら完全に笑いものになってしまいます。

優先入場整理券の偽物販売で逮捕された男も・・・

2011年には優先入場整理券の偽物を販売したとして逮捕された人が、実際にいます。

東京ディズニーリゾートのアトラクション優先入場整理券の偽物を売ったとして、浦安署は5日、詐欺の疑いで、大阪府堺市堺区柏木町、自称中古車販売業、梅本賢(まさる)容疑者(32)を逮捕した。調べに対し「券は本物だと思っていた」と容疑を否認している。

(via・産経新聞)

これは偽物だったことが他の販売者とは違って突き抜けているところですが、今後本物を売っている人が罰せられる可能性もあります。

売る側・・・になることは普通ないと思いますが、購入する事もしない様にしましょう。オリエンタルランドがなんらかの対策を講じてくる可能性はあると思います。

スポンサーリンク