全身仮装をした人に写真撮影をお願いする時に重要っぽい2つのマナー!

こんにちは、マルです☆

毎年楽しみなディズニーハロウィンにおける「全身仮装」の期間ですが、気を付けておきたいマナーもあります。今回は「全身仮装をした人を写真撮影する時のマナー」です。

マナーというか別にこれをやらなくてもかも知れないかも知れませんが、やった方がいいかなと思う事をリストアップしてみました(^^;)参考になったら幸いです〜〜☆

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

これは気を付けた方がいいかも?
ディズニー全身仮装時の写真撮影マナー

その1 撮影は相手の了解を得る

「盗撮」とまでは言いませんが、黙って撮影すると相手は気分が良くないかも知れません。誰を撮る訳でもなく「ディズニーにコスプレした人がたくさんいる風景」として撮るくらいの引きならいいと思いますが。

ですが〜!

仮装したゲストを、一般のゲストは以下の様な目で見ています。

ディズニーの全身仮装の撮影スポットはかなり雑然とした雰囲気で、周りの人も「お。面白い人がいるぞ」くらいの感覚で写真を撮っているのが事実なのです。

例えば、以前エンドバニーの集団がシンデレラ城前にいて、たくさんの人がそれに群がって写真を撮っていました。写真を撮っていたのは全身仮装をした人ではなくて、普通のゲストです。でもエンドバニー達はノリノリでポーズしていましたし、なんだかそれが楽しそうでした。

一般のゲストからしたら「ミッキーがいる。写真撮ろう」くらいの感覚かも知れないですからね。マナーとは言いましたが、そういう撮影が嫌なら行かない方がいいかも知れません。仮装した人は一般人じゃなく見えますよね。特に撮影スポットにいると。

あれ。なんだかマナーと外れてきた(^^;)

ちなみに「公式」の見解を出すと、「無断での撮影はNG」です。サイトにそう書いてあります。だから、「勝手に撮影しないで下さい」と言う権利はあります。

さすがに全身仮装をしていても、そこら辺を歩いている時に前をふさいでパシャリ!とかは見たことないですけどね(^^;)

その2 もしもブログなどに公開するときは相手の了解を得よう

これは!絶対守った方がいいです。だって撮影されたものが勝手にネットに公開されてたらビックリするじゃないですか。そうやって公開されたものが色んな人の手に渡って、色んな事に使われたりしますからね。知らないサイトの宣伝画像とか(^^;)

ともかくこれは守りましょう。

ブログに公開したい人は、撮影する時に「撮っていいですか」だけじゃくて、「ブログに載せていいですか」と聞きましょう。もちろんそれでダメと言われたらそれまでです。

そのときは「撮影する前」に聞いた方がいいと思います。だって、撮った後に「ブログに載せていいですか?」って言われて、「ダメです」って言って微妙な空気になったのに相手のカメラには自分の写真が残っている、って嫌じゃないですか。

なので「ブログに載せていいですか」は撮影前に聞くのがいいと思います☆

2015年ディズニーハロウィン全身仮装の期間はコチラの記事

スポンサーリンク