開園ダッシュは「入園前のアナウンス」に一言加える事で劇的に減るハズ

こんにちは、マルです☆

ディズニーではランドでもシーでも、入園前のアナウンスで「走らないで下さい」とかなり念入りに言われます。ですが、それでも全く関係ないかの様にして走るゲストがいます。

マルはこのアナウンスを聞いていて、いつも「一言足りない・・・」と思っていました。この一言があれば開園ダッシュは劇的に減るのに・・・。

という訳で、今回はマルのそんな提案です☆笑

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

入園前アナウンスの現状

現状でも、入園前に「開幕ダッシュへの牽制」はかなりされています。数えてはいないですが、恐らく一度の入園で5回くらいはアナウンスされると思います。そこまで丁寧にやってもなかなか効果がないのが現状なのです。

入園前アナウンスでは、マルの記憶ではこんな事が言われています。

「安全の為、走らないで下さい」

「おけがをされるとせっかくの一日が台無しになってしまいます」

だいたいの記憶になりますが、こんか感じです。でもほとんどの人に耳には入っていません。これを改善するにはどうしたらいいでしょうか?

入園前アナウンスにこの一言を足すと開園ダッシュが減る!

開園ダッシュをする人には共通する特徴があります。それは「開園ダッシュする事を悪いと思っていない」という事です。走る事を一つのイベントの様に楽しんでいます。

開園ダッシュをする人の特徴

入園前のアナウンスは、「これから開園ダッシュという楽しいイベントをするぞ」とテンションが上がってるゲストにはどうやら効果がありません。それもそのハズだと思うのは、今の入園前アナウンスには「パンチ」が足りないのです。

「パンチ」とは何かというと、それは「警告」です。

「危ないからやめて下さい。せっかくの一日が台無しに・・・」では右から左です。高揚し冷静ではなくなったゲストの心には響きません。

だからそこに一言足すのです。

「走らないで下さい。もし走ると、最悪の場合パークからの退園をお願い致します

と。こうする事で、高揚したゲストの多くは一気に冷静になります。少し冷たい感じのする言葉かも知れませんが、これは言い方次第でどうとでもなります。

「パーク内では安全の為、走らないで下さい。走ると大変危険です。せっかくの一日が台無しになってしまう可能性があります。他のゲストの方にぶつかったりする事故にも繋がります。もしもお守り頂けない場合は、パーク内の安全を第一に考え、やむを得ず退園して頂く場合がありますのでご了承下さい」

と言えば、「やむを得ない処置を心苦しいながらも伝えている」という状況を伝える事が可能です。

こうすれば、多くのゲストの「良心」に響くでしょう。「そうだね。走ったら危ないね」と、多くのゲストは開園ダッシュをやめるようと思うはずです。(少なくともその場では。入園後に他の走るゲストに影響される可能性がかなりあります)。

大きなデメリットを伝えながら、良心に訴えかける部分も入れ込む事が大切です。

それが出来ない理由?

ディズニーがその様な「警告」をしないのはなぜでしょうか?第一に「もっとスマートに注意したい」というのがあると思います。あまりとげとげしい注意は、他の一般ゲストに不快感を与える可能性があります。ですが、前述の様に言い方を工夫する事でどうとでもやり様があると思います。

他の理由として、「警告」などをしてゲストに厳格な行動を求めれば求めるほど、それを破った時にかなり厳格な取り締まりをする必要が出てくる、というものが考えられます。

「警告」が効いて走るのをやめたが、実際には走ってる人が多数いて、しかもその人たちは特にペナルティをうけた様子がない・・・という事では、不公平感が生まれます。「正直者がバカを見る」のでは、「決まりを守るのもばかばかしい」と考える人が出てきます。また、「決まりは守るが不公平感に不満が溜まる」という人も出てきます。

ルールを厳格にすると、そのルールは厳格に守る必要があります。そうしないと「言ってることとやってる事が違うじゃないか」となる可能性があります。そう言った「約束」めいた事をしない為に、ディズニーは緩い注意くらいにとどめているのかなと、考えたりもします。

ですが「最悪の場合」「退園して頂く場合もあります」という言い方をする事で対応に幅を持たせる事が出来るので、入園前の「警告」は是非実施して欲しいなと思います。

まずはゲストの「耳に入れる」事が大事です。それが出来なければ、言っていないのと同じですから・・・。その為に、少し刺激の強い言葉も必要かと思います。

開演ダッシュ対策の「キャストバリケード」が始まった!

スポンサーリンク