手下の大進撃!ディズニーでぬいばなどのグッズ販売の可能性は?

投稿日:2015年10月2日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、マルです☆

ディズニーシーでの手下グリはかなりの人気で、一部でマナー問題が勃発するなどちょっとした騒動になるくらいの熱狂ぶりです。

ふと思ったんですが、手下のグッズってないですよね・・?

手下のグッズはある?

手下のグッズは・・・ないです!

マルの感覚からすると、「そりゃ当然ないよね」という感じです。手下のグッズを売るって、ダンサーさんをキャラクター化して商品化する様なもの。かなり「邪道」な感じがしますよね。(でもマルは出たら買う気がする)

2015年、今年始まった手下グリですが、もしグッズの販売が考えられるとしたら「来年以降」です。来年のシーのハロウィンはまたヴィランズがコンセプトになるということは決まっているみたいですから、そこに手下がまた登場してくれれば・・・。手下が2016年も登場するかは、まだ分からないんですよね。

手下のグッズが出たら、多分かなりの人気になると思います。希望としては「イラスト化したもの」が良いと思っていて、例えば人間の顔そのままの写真をクリアファイルにするとかトートバッグにするとか、そういうのはちょっと違うのかなと個人的には思います。

妄想の手下大進撃

来年もし手下のグッズが販売されるとしたら、手下にはまずやるべき事があります。それはミッキーなどの主要キャラクターとの絡みです。ダッフィーなりジェラトーニなり、オリジナルキャラクターを作りそれをグッズにする時には、主要キャラクターとの絡みが必要になってるはずです。

ディズニーの世界に招かれてキャラクターとして物語の中に参加する事で、正式にディズニーのファミリーになる・・・そういう手順なのかなあと思います。

もしなったら、嬉しいかもです。もちろんバランスの取り方を間違えると大変な大失敗になってしまうと思うので、難しいところだと思うのですが。

 

まさかそこまで踏み切れないだろう・・・と思っていた時期が私にもありました。

マルはこの記事を書く少し前まで、手下のグッズ化について「まさかそこまで踏み切れないだろう・・・」と思っていました。人間のキャラクターのグッズを売り出すって、かなり「邪道」というか、越えちゃ行けないライン踏み越えすぎな感じがしていました。

ですが「実写を使わない」「イラストに落とし込んだものを使う」事で、ある程度ディズニーの世界観との整合性は取れると思う様になりました。

考えてみれば当然ですが、手下を正式に採用してシーに送り込んだのは運営側です。別に手下ファンが手下をディズニーに潜入させた訳じゃありません。と言う事は、今後収益化の為にグッズ販売を考える可能性も、わずかながらあるかも知れません。

拒否反応はあると思います。ダッフィーだって最初は「シーの世界観に合わない」と言われていたし、今も一部で言われています。

時代が変わればディズニーも変わる・・・。

手下のグッズ化という禁じ手を、来年ディズニーは解禁してくるでしょうか?

人気があって収益化が望めるとは言え、果たしてそこまでしていいものかどうか・・?

マルは、今の手下人気を考えてもやっぱり「ほぼない」んじゃないかと思います。

ただ、今年の手下への熱狂を分析して、今後の「グッズ化も出来る第二の手下」的な存在を打ち出してくる可能性はあると思いますね。

[ad#admanage002]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承下さいませ。




この記事をシェア!

-リクルーティング, 手下

Copyright© バンザイ!ディズニー! , 2018 All Rights Reserved.