ディズニーに水筒?水分を我慢するくらいなら、むしろ持参をオススメしたいです(自己責任・・・)

こんにちは、マルです☆

あまり声高に言うことでもないのですが、ディズニーがあまりにも暑いので言ってみます。夏のディズニーには水筒持参を推奨します。ただこれはマルの個人的な意見なので、持ち込む際は当然自己責任になりますのでご注意下さい。

スポンサーリンク
バンザイディズニーはブログランキングに参加中です!応援してくれたら嬉しいです!
今日の順位を確認!☞ 人気ブログランキング(ディズニー部門)

夏のディズニーには水筒(水分)を持参しよう

夏のディズニーはハンパじゃなく暑いです。ジリジリとした照り返しで体力が奪われます。知らない間に熱中症寸前になる事もあるでしょう。そこで大切なのが「水分」です。「塩分」も必要ですが、それは朝食やディズニー内での食事でまかなえると思います。ですが、水分はかなり頻繁に摂る必要があります

水筒を持ち込むメリット

水筒のメリットはたくさんあります。これはディズニーでなくても同じです。

  1. こまめな水分補給が出来る
  2. 氷を入れておく事で冷たさを保つ事が出来る
  3. お金の節約が出来る

・・・などなど、他にもあると思います。マルにとっては1〜3は全部重要です。特に2ですが、マルは暑い時に冷たいものを飲むことで「生き返る」様な感覚があるので、とても重要に感じています。ぬるい水分はなんだか切ないです。3は、「お金を気にしない事で積極的な水分補給をする事が出来る」という事も繋がりますね。

ディズニーで水筒の持ち込みはグレーに近いホワイト

ディズニーでは水筒の持ち込みが「グレー」扱いです。NGでもOKでもありません。禁止されていませんが、推奨されてもいません。キャストさんに聞くと困って言葉を選びながらお茶を濁したりします。「いい」と言えないが「ダメ」とも言えない状況です。それはなぜでしょうか?

水分補給を怠ると、体調に悪い影響があるからです。ディズニーはゲストを考えてくれています。暑くなると、スピーカーから、暑さに気を付けて下さいという内容のアナウンスが流れます。それくらい夏のディズニーは暑いです。汗をかけば水分の補給が必要になります。必要最低限の水分の持ち込みくらいは、ディズニーはとがめたりしません。水分の補給は最低減する必要があるのです。もしも熱中症で倒れる人が続出・・・となったら、ディズニーもゲストも困ってしまいます。

お金がたくさん使える人はOK

マルも以前は普通にパーク内で飲み物を買っていました。ペットボトルの500ml飲料は210円します。普通にフードも食べますから、それを含めたら飲み物だけで1日に1人1000円以上使っていたと思います。毎回これが許容出来るならOKです。ただ、水分を我慢する事はしないで下さい。熱中症などで倒れると、逆にディズニーに迷惑がかかります。

それでも「グレー」が気になる人は

batch_DSC03522

お金を使わなくてもディズニーでは水分補給をする事が出来ます。ランドもシーも、歩いていればそこかしこに「水飲み場」があるのが分かると思います。それを使用すればいいのです。これは無料で使う事が出来ます。ただし、当然ですが水飲み場が近くになければ水分補給する事は出来ません。

また、パーク内では「自動販売機」などでペットボトルの飲料が売られていますから、それを買えば手軽に水分補給は可能です。紙コップに入った飲料は、その場で飲み干すか常に手に持つ必要があるのでオススメしません。

まとめ

ディズニーで全部の飲み物を買うと決めているなら、水筒を持ち込む必要はありません。マルも長い間そうでした。ですが、「節約」と言って水分を我慢したり制限するくらいなら水筒やペットボトルを持ち込んで下さい。マルの例で言うと、それをキャストさんからとがめられたことはないです。

もちろん、マルも今後キャストさんから注意される事があれば、以後水筒の持ち込みはしません。普通にパーク内で売っている飲料を買うと思います。ですので水筒を持参される際は、メリットと一緒にデメリットもあるという事を理解しておいて下さい。

あ、これはマルの個人的な感覚ですが、パーク内の飲食店では水筒を出さない方がいいと思います。なんだかそれは失礼だと思うので、そこで売っている飲料を買って飲みましょう。水筒を使うのは路上や地べたです。ショーパレ待ちやアトラクション待ちなどなどですね。

というか最後にちょっとズコーな話をする様ですが、1日中パークにいると、1本の水筒ではとても水分は足りません。なのでマルは、長居する時はペットボトルのお茶をパーク内で買ってそれを水筒に詰め替えたりします。詰め替える理由は、水筒の氷で冷たく出来るからです☆笑

スポンサーリンク